整体と整骨院、マッサージの違いまとめ。健康保険が使えるのはどこ?

整体と整骨院、マッサージの違いまとめ。健康保険が使えるのはどこ?

 

整骨院では、主に怪我に対する応急手当と治療が行われます。
施術するのは国家資格である柔道整復師であり、骨折や脱臼、打撲、ねんざなどに対する治療には、健康保険が適用されます。
ただしここ数年、整形外科で扱うレントゲンやMRI、CTといった検査機器の進歩が目覚ましいため、骨折や脱臼は整形外科で治療するケースが増えています。
慢性の腰痛や肩こりで整骨院を訪ねても、保険適用外となります。
鍼灸治療院の場合は、定められた要件を満たしている場合に限って、療養費扱いとなり、健康保険が適用されます。

 

一方、整体での治療に、健康保険は適用されません。
整体は身体に生じた歪みを正して、痛みなどを緩和するところです。
日々の生活の中で筋肉に過度な緊張が生まれると、その部分の筋肉が骨を引っ張り続けるため、痛み、あるいはしびれなどを感じるようになります。
そのまま放っておくと、内臓の血液循環も悪くなり、内臓疾患の原因ともなります。
整体では器具を使わずに、骨と筋肉に生じた歪みを調整します。
施術を行う整体師は民間資格です。認定資格とも言われますが、国が定めた基準がないため、それぞれの整体院によって技術に開きがあります。
同じように身体の歪みを取る施術に、カイロプラクティックがありますが、こちらも健康保険の対象外です。
またマッサージでは、身体の歪みを調整するという目的以外に、リラクゼーションや疲労回復の面が含まれます。
医療の範囲外と見なされ、健康保険は適用されません。